シイケンの家づくり

長期優良住宅

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施行)は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

認定長期優良住宅とは

一定以上の住宅性能
(耐震性、耐久性、可変性、維持保全の容易性)
「住み継ぐ家」標準対応

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づく住宅は認定住宅となります。
(2009年6月4日からの施行)

ジャーブネットの長期優良住宅「めぐる」は、長期優良住宅に標準対応しているため、「維持保全に関する計画」を追加するだけで、国の認定する「認定長期優良住宅」となります。※ただし、地域により基準が異なります。

認定を受けることで、様々な税制優遇が受けられます。最大600万円の住宅ローン控除、固定資産税・不動産取得税・登録免許税の軽減が受けられます。

火災に強い建物

火災に強い建物の特徴は、自宅の火災またはご近所で起こった火災の際に、建物自体に耐久性があり、炎上・崩落がしにくい性能を持った建物のことを指します。
一般的に広く認識されている、通常の家よりも「火災に強い建築物」となります。

ジャーブネット火災保険

ジャーブネットの新世代ハウスは、従来の在来工法に比べて火災のリスクが小さい(耐火性に優れている)ことが認められ、火災保険料が大幅におトクになります。保険料が安くなった分、ゆとりある家づくりをご提案いただけます。

耐震実験

日本最大の地震波を与えた実物大耐震実験。震度7クラスの激震にも損傷なく、クリアホームの耐震性能の強さを実証しました。

クリアホームは、2005年3月16日、東京・清瀬市にある大林組技術研究所で、実物大耐震実験を実施。
阪神淡路大震災や新潟県中越地震などで記録された過去最大級の地震波を連続3回再現。
震度7クラスの激震を連続で受けたにもかかわらず、木材の破損など構造体の損傷もなく、極めて高い耐震性能が実証されました。

実験:1回目
震度6強/最大加速度818gal/マグニチュード7.3
この地震の特徴である大きな横揺れを発生させ、建物を水平に激しく振動させた。

損傷なし

実験:2回目
震度7/最大加速度2,036gal/マグニチュード6.8
観測史上最大の揺れを再現し、細かい縦揺れから大きく突き上げる振動を実験。

損傷なし

実験:3回目
新潟県中越地震(小千谷市)
震度6強/最大加速度1,314gal/マグニチュード6.8
最も被害の大きかった地域の地震を再現。横揺れを伴って建物を激しく振動。

損傷なし
同一建物に3回目の地震波を再現したにもかかわらず、壁紙の表面に、ごく軽微なキレツのみ

完成までの流れ

ヒアリング

これからの家づくりに関するご要望や現在お住まいの住宅に対する不満や悩みをお聞かせください。また、土地からお探しのお客様の相談も承ります。

プラン打ち合わせ

ご契約の敷地形状・用途地域を調査しお客様のご要望に合わせたプランを一緒につくり上げます。

概算見積

プランの内容から概算で見積を提出します。同時に資金計画(新築した場合にかかる本体、税金、諸経費、雑費など様々な費用)の打ち合わせを行ないます。

基本設計

細部までプランを検討し、外観・間取り・設備・仕様など打ち合わせの上決定します。この際\105,000円の負担がかかりますがこの費用は本契約に至った場合契約金の一部に致します。

お見積

基本設計に基づき積算を行ない、建物本体価格・屋外給排水工事等のお見積を提出します。

ご契約

お客様に充分にご確認頂いた上で、建築工事請負契約を締結させて頂きます。

実施設計

必要な部材や設備の仕様を細かく詰めた上で、平面図などの一般図のほか、建具表・仕上表・構造図・設備図など、施工や見積に必要な詳細な図面を作成いたします。

地盤調査

特に不同沈下を避けるために調査を行い地盤の強度を入念に確認し、地耐力を明らかにした上で最適な基礎仕様・地盤改良を実施します。

建築確認申請

作成した図面が建物基準関係規定に適合しているかどうかを事前に審査する手続きです。建築確認許可がおりると図面上の建物が実際に建築できるようになります。

地祭り

お供え物をし、地祭りを行ないます。

基礎工事

地盤調査の結果からその敷地に最適な基礎工事を実施します。

土台敷込

立ち上がった基礎に土台を組んでいきます。耐久性・防水性に優れ、腐食に強い樹種を使用。床下を支える床束には信頼性の高い鋼製の床束を使用します。

上棟

柱や梁などの骨組を組み上げます。

屋根工事

屋根下地の防水シートを貼った後、仕上げ屋根材を葺いていきます。

外部工事

防水シートを施工し、その上に外壁材が貼られていきます。

内部工事

床・天井・間仕切・階段・など造作を行ないます。

内装・設備工事

システムキッチン・バス・トイレ等の各設備機器が取り付けられ、壁や天井のクロスが貼られていきます。

完成

全ての工事が終わり完成です。

お引渡し

最終検査の終了後、新居の完成状態をご確認いただき、各設備の使用方法や注意点なども一緒に説明させていただきます。
最後に説明書・保証書そして鍵のお渡しとなります

シイケンについて

image 所在地/電話番号 詳細はこちら
シイケンのブログ
無料相談はお気軽に。お気軽にお問い合わせください
日本最大のホームビルダーネットワーク JAHBnet

PAGE TOP/ページの先頭へ